大規模修繕は長期的にサポートしてくれる業者を選ぼう

インテリア

12年に一度の改修工事

集合住宅

積立を取り入れている

住宅を購入する時にはまったく気にしていない項目がマンション大規模修繕の事です。マンションも一戸建てと同様に経年劣化による損傷が目立ってきます。小規模な改修や修繕を繰り返し行う事で劣化を遅らせることは可能ですが、いつしかのタイミングでマンション大規模修繕の時期は訪れます。購入時には基本的にマンション大規模修繕が行われることはほとんど伝えられません。しかし十数年経過するとこの問題に直面することになるのです。住宅は紫外線や雨水の影響で少しずつ劣化します。そして一定の期間を超過すると大規模な修繕をしなくては安全が確保できない状態になるのです。その時期は国土交通省が推奨するには12年となっています。もちろんこれより短いことも長いこともあります。

住民負担

マンション大規模修繕には多額の費用が掛かります。マンションの管理費用としてねん出することで解決する問題ではありませんのでマンションの各戸の住民に負担を強いられることになります。住民の話し合いで最終的に金額などを決めることになるのですが、この金額も負担になる程度の額なのです。しっかりしているマンションなどは、最初から積み立て費用として徴収している場合もあります。そのため、ランニングコストだけに気を取られていると、のちに高額な出費を迎えることも想定しておかなければならないのです。修繕は、メンテナンスをしっかり行っているマンションほど数が少なくて済みます。今住んでいるマンションのメンテナンス状況を確認しておくことなどが大事です。