大規模修繕は長期的にサポートしてくれる業者を選ぼう

部屋

修繕にかかる費用

間取り図

マンションの投資物件として価値を上げるには、定期的な改修工事が必要です。埼玉の改修工事業者に問いあわせれば、見積もりをもらえます。修繕積立金でまかなえるかどうかを今すぐにチェックしてみるとよいでしょう。

詳しく見る

マンションの管理

作業員

マンションの管理組合は居住者の負担も大きいため、管理組合をしっかりサポートしてくれる管理会社が人気を集めています。管理会社を新たに選ぶ場合には、大規模修繕工事に管理するサポート内容をしっかり確認しておくことが大切です。

詳しく見る

12年に一度の改修工事

集合住宅

マンションも建物ですので、経年劣化が生じます。国土交通省の見解では、約12年でマンション大規模修繕が必要であるとなっています。この費用の負担は積み立てなどで行っている場合もありますが、その時に住民が負担することが多くなっています。

詳しく見る

充実したサポート

マンション

専門家の公正なサポート

分譲マンションは築年数が経過するにつれて劣化していくため、マンションの資産価値を守り、快適な生活を続けるためには大規模修繕工事が必要になります。大規模修繕工事は原則として管理組合と管理会社が進めていくものですが、計画や調査の段階から膨大な準備が必要となり、素人では判断できないことが多かったり、管理会社の進め方が不満だったりとさまざまな問題が発生する可能性があります。そこで、最近では大規模修繕工事のコンサルティングを行う会社が人気を集めています。コンサルティングは、マンション管理士や1級建築士の資格を持つプロフェッショナルなスタッフが、専門的な知識と豊富な実績を活かして、第3者の立場から公正にサポートしてくれるのが特徴です。

長期的なサポート

大規模修繕工事のコンサルティング会社では、マンション内の修繕委員会の設立、建物がどれだけ劣化しているのかを調査する劣化診断、住民から集めている修繕積立金の運用計画のほか、実際に工事を実施する施工業者の選定、契約手続きの代行など、大規模修繕工事が始まる前の段階から管理組合を手厚くサポートをしています。また、大規模修繕工事が始まってからも、適切な工事が進められているのかを厳しくチェックして、手抜き工事などのリスクを回避します。さらに、工事が終了してからもメンテナンスのフォローや、次回の工事を見据えた新たな修繕計画を立案していき、長期的な視野に立ってアドバイスをしてくれます。早い段階で適切な修繕計画を立てることができたと管理組合や住民にも好評です。